忍者ブログ

水・ソフトドリンクの宅配・通販

水・ソフトドリンクの通販なら楽天市場。水・ソフトドリンク・コーヒー・紅茶・お茶など、人気の定番商品から隠れた名水まで大集合!まとめ買いもお得!楽天市場は、セール商品や送料無料商品など取扱商品数が日本最大級のインターネット通販サイト・オンラインショッピングコミュニティです。

桐 三年熟成番茶 120g 【7セット】 100363桐 三年熟成番茶 120g 【7セット】 100363

桐 三年熟成番茶 120g 【7セット】 100363桐 三年熟成番茶 120g 【7セット】 100363桐 三年熟成番茶 120g 【7セット】 100363桐 三年熟成番茶 120g 【7セット】 100363
¥3,410円(税込)送料別 カード利用可

【ご注意】 本商品についての注意点となります。恐れ入りますが、予めご了承くださいませ。 お取り寄せ商品のため、ご注文の受け付け後に欠品・キャンセルとなる場合がございます。 同梱区分が異なる商品と同時に購入されると、別途送料がかかる場合があります。【発送目安】:5〜7営業日【同梱区分】:TS1「桐 三年熟成番茶 120g」は、香り高く、味の濃い三年番茶です。茶桐は日本一のお茶処静岡より生産者とともに香り高いお茶を作り、お届けしています。葉桐の茶園は「平成の名水百選」にも選ばれた安倍川流域の標高200から800mの山間部に点在。山間部独特の豊富な降水量と、苛酷な気象条件のもと栽培した生葉。その生葉が持つ味・香りを最大限に引き出す為、葉桐茶ならではの葉そのまま、形大きく撚り込む伸び製法で製造しております。●葉桐茶の「味が濃い」理由・山の自然が作る肥沃な土壌・年間千五百mmに達する豊富な降水量・昼夜、夏冬で大きな気温較差・水はけの良い急峻な斜面茶園・標高二百メートル以上の山間に点在すること本品の原料は、前記五条件を満たした茶園の茶葉を厳選しております。「生葉異常のお茶は作れない」新年の許、生産者と共に香り高く、味の濃いお茶作りのため、山間の茶園作りから研鑚しております。お召し上がり方*入れ方のポイント:茶漉しを取り外せる急須ではなく、一体となた急須をご使用ください。1.湯のみに熱湯200cを入れ約70度に冷まします。2.急須に茶葉6g(大さじ山1杯)と1で冷ましたお湯を投入します。(一煎目60秒後、二煎目10秒後)3.湯のみに均等になるように注ぎ、最後の一滴まで絞り切ってください。ご注意●お茶は鮮度が大切です。開封後はお早めにお飲みください。●熱湯の取り扱いにご注意ください。保存方法開封後は口を密封し、高温多湿をさけてください。原産国日本(静岡県)※製品の仕様・パッケージデザインは予告なく変更することがございます。内容量:120gセット数:7セット原材料緑茶桐 三年熟成番茶 120g 【7セット】【ご注意】 本商品についての注意点となります。恐れ入りますが、予めご了承くださいませ。 お取り寄せ商品のため、ご注文の受け付け後に欠品・キャンセルとなる場合がございます。 同梱区分が異なる商品と同時に購入されると、別途送料がかかる場合があります。【発送目安】:5〜7営業日【同梱区分】:TS1「桐 三年熟成番茶 120g」は、香り高く、味の濃い三年番茶です。茶桐は日本一のお茶処静岡より生産者とともに香り高いお茶を作り、お届けしています。葉桐の茶園は「平成の名水百選」にも選ばれた安倍川流域の標高200から800mの山間部に点在。山間部独特の豊富な降水量と、苛酷な気象条件のもと栽培した生葉。その生葉が持つ味・香りを最大限に引き出す為、葉桐茶ならではの葉そのまま、形大きく撚り込む伸び製法で製造しております。●葉桐茶の「味が濃い」理由・山の自然が作る肥沃な土壌・年間千五百mmに達する豊富な降水量・昼夜、夏冬で大きな気温較差・水はけの良い急峻な斜面茶園・標高二百メートル以上の山間に点在すること本品の原料は、前記五条件を満たした茶園の茶葉を厳選しております。「生葉異常のお茶は作れない」新年の許、生産者と共に香り高く、味の濃いお茶作りのため、山間の茶園作りから研鑚しております。お召し上がり方*入れ方のポイント:茶漉しを取り外せる急須ではなく、一体となた急須をご使用ください。1.湯のみに熱湯200cを入れ約70度に冷まします。2.急須に茶葉6g(大さじ山1杯)と1で冷ましたお湯を投入します。(一煎目60秒後、二煎目10秒後)3.湯のみに均等になるように注ぎ、最後の一滴まで絞り切ってください。ご注意●お茶は鮮度が大切です。開封後はお早めにお飲みください。●熱湯の取り扱いにご注意ください。保存方法開封後は口を密封し、高温多湿をさけてください。原産国日本(静岡県)※製品の仕様・パッケージデザインは予告なく変更することがございます。内容量:120gセット数:7セット原材料緑茶
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]
PR