忍者ブログ

水・ソフトドリンクの宅配・通販

水・ソフトドリンクの通販なら楽天市場。水・ソフトドリンク・コーヒー・紅茶・お茶など、人気の定番商品から隠れた名水まで大集合!まとめ買いもお得!楽天市場は、セール商品や送料無料商品など取扱商品数が日本最大級のインターネット通販サイト・オンラインショッピングコミュニティです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

水素水 以上の 水素水 それがプロトン水素水! [水素水 ウォーターサーバー]【18,900円分の豪華ポイント】レベルが違う本物の水素水サーバーがマル得!プロトン 水素水 生成器 ケアウォーターV2 ECO[水素水 ウォーターサーバー]

水素水 以上の 水素水 それがプロトン水素水! [水素水 ウォーターサーバー]【18,900円分の豪華ポイント】レベルが違う本物の水素水サーバーがマル得!プロトン 水素水 生成器 ケアウォーターV2 ECO[水素水 ウォーターサーバー]水素水 以上の 水素水 それがプロトン水素水! [水素水 ウォーターサーバー]【18,900円分の豪華ポイント】レベルが違う本物の水素水サーバーがマル得!プロトン 水素水 生成器 ケアウォーターV2 ECO[水素水 ウォーターサーバー]
¥189,000円(税込)送料込 カード利用可

水素水 以上の 水素水 「プロトン水素水」とは株式会社水科学 データ室より 私たち株式会社水科学も評価した「プロトン水素水」 他メーカーと明らかに一線を画したそのポテンシャルは圧巻でした■プロトン水素水とは プロトン水素水とは、他一般の「電解還元水」や、昨今注目をあつめている単なる「水素水」にはない、IP理論に則して生成されるお水であり、100%にほど近い解離状態の機能水です。 高解離状態であるため、溶解力、増幅力、分解力、反応力、電子供与力、洗浄力に高いポテンシャルをもち、水素効果にも高い相乗効果を発揮します。 そして、これらのPROToN作用が、機能水としてさまざまな効果を発揮します。 プロトン水素水を製品カテゴリーで分類すれば「電解還元水」に属すると云えますが、そのポテンシャルは他一般の「電解水」とは一線を画すまったく別物と評価される水質です。  世界的な巨大公益法人様からもオファを受け、そのご期待に応えた実績それ自身「高い水質の証し」とも云える実績ですが、常に第三者の立ち位置から各メーカーを公平平等にジャッジしている当社も、水質では明らかに他社と一線を画していることを確認しています。 もっと解かりやすく申し上げれば、ポテンシャルが格段に高い「電解還元水」とお考え頂ければご理解いただきやすいかも知れません。 正式な組織名を記さずに「世界的巨大公益法人」と記しておりますのは、全世界から信頼を受ける巨大な公益法人のため当社がその組織名を記せば、それが当社の宣伝広告になりかねません。 公益法人という立場上、特定の民間企業を宣伝するような行為は決して許されることではないだろうと考え表示を控えることに致しました。 水の解離度が格段に高いため、ほぼすべての能力において一般の水素溶存機能水と比べて優位性を誇示する機能水と云えます。 また、プロトン水素水(高解離状態の水)の医学的根拠については米国のテキサス大学、Jホプキンズ大学、日本の北里大学、鹿児島大学、産総研など各研究機関の研究において明らかにされています。■プロトン水素水の特徴* 高溶解性の水と云えます ごく普通の水と比較して2倍から2.8倍、一般の電解水の中で溶解性が高いと認められる水質と比較しても、その約1.2倍という高い溶解性をもちます。 なお、単なる水素水にはこうした溶解性は全く認められません。* 低表面張力 ごく普通の水と比較し、0.7%〜1.1%低く脂肪成分との混合性が高い。これは他メーカー電解水のと比較しても明らかにプロトン水に軍配が上がります。 また、単なる水素水にこうした性質はありません。* 低溶存酸素の水と云えます 溶存酸素濃度は、ごく普通の水の場合で約9ppm、プロトン水素水は約5ppmと非常に少ない状態が認められます。他メーカー電解水の中で溶存酸素濃度が低いと認められる水質と比較してもプロトン水素水はその約17%低い状態です。 また、単なる水素水の中で溶存酸素濃度の低い水質のものと比較したときに限り同等です。* 活性酸素消去力にすぐれた水と云えます(プロトン社の社外秘であるため詳しく記せないのが残念ですが少しだけ触れます) 溶存する水素の状態が、ミネラル成分に付着させた安定状態であるため、体内まで届けやすい状態であると云えます。 一般の電解水の場合、たとえば還元水/酸性水の生成率を9対1(割合はメーカーにより異なります)にするなどして「節水」「省エネ」といったキーワード、いわゆるセールスポイントに力をそそぐメーカーが増え、その姿勢が水質を犠牲にしています。もっと解りやすくもうしあげれば、仮に生成率9対1でも高水質を実現したとしましょう。であればそのままの生成方法で生成率7対3にした場合さらに高水質の機能水ができるというわけです。 また、単なる「水素水」と呼ばれる水に含まれる水素は、たとえ高濃度であってもその状態が圧縮注入状態であるためフウセンが破れるときと同様、開封時に(0.5秒で)ほとんどが消滅し、体内に摂取できる量とした場合には約10分の1から、ひどいものだと50分の1にも激減してしまい、ヒドロキシルラジカルに働きかけることが適う量としたとき100分の1程度ではないかと考えられています。その他、水素の状態が浮遊状態(気泡状態)の水素水もありますが、浮遊状態では体内まで摂取することは困難です。* 解離度の高い、弱アルカリ性の水と云えます プロトン水素水は100%にほど近い状態まで解離しているため胃酸で中和されずに体内ですばやく吸収されます。 プロトン水素水の解離度は、他一般の電解水との比較で平均約7.4倍という歴然とした差を示しています。(IP理論に則して生成されるため必然とも云えることなのですが)* 還元性にすぐれた水と云えます 水素陽(H )イオンと電子(e-)をあたえることのできるプロトン水素水、その生成器は酸化還元電位(ORP)マイナス200mV〜マイナス550mVをレンジレベルで選択できるシステムを搭載しており、正常な腸内環境(マイナス250mV)に適した電子をあたえることのできるお水と云えます。 他メーカー電解水も同等の電位を示すメーカーが少なくありませんが、お水の解離度の差によって電子をあたえる力、効果の現れ方がリアルに違ってきます。 また、単なる「水素水」と呼ばれるお水は溶存水素の影響だけで酸化還元電位が保たれている状態なので、水素の急速度な減少に比例して電位の低下が顕著にみられます。 プロトン水素水の特徴を簡単に記しますと、このようになろうかと存じます。 カテゴリは、一般的に「電解還元水」と呼ばれる類に属しますが、お水の解離度の差によって機能水としてのポテンシャルがまったく異なってくることをご認識いただければ幸いです。 また、期待は水素効果のみ、しかも確実に体内までとどく水素量は極わずかと考えられる単なる「水素水」とは次元がちがう水と認められます。
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]
PR